その恐怖症は治ります!

ptsdの症状を知り対処しよう「悲しみは忘れられる」

ストレスが原因

考える女性

人によってはとてもつらい経験をしてしまうこともあります。それがその人にとって大きな心の傷となりptsdになってしまうことがあります。ptsdとはこのようなストレスが原因で起きてしまう症状なのです。どのようなストレスが原因になるのかというと、失恋や災害、暴力など人によって体験することや心にダメージを受けるショックは違うので様々なものがあります。人によって症状が異なるため、ptsdだと気遣いない方もいますが、トラブルだけでなく日々のストレスが原因で症状が現れる場合があります。この症状は自分の努力では治しにくいものです。メンタルクリニックなどを利用することで症状を緩和することができますが、周囲の理解も必要になります。またストレスが原因で起こる症状はptsdだけではありません。
一般的に有名な症状が急性胃炎です。この症状はストレスだけでなくウイルスが感染することで引き起こされることもありますが、お腹がとても痛くなり人によっては下痢や吐き気がすることもあります。さらにひどい状態になると嘔吐や吐血をしてしまう場合もあるのです。この状態になった場合には精神科に行くことも大切ですが、会社や学校を休み自宅で安静にしておくことが最適です。
その他にも慢性胃炎と呼ばれるものがあります。これもストレスが原因で引き起こされる病気の1つですが、一度のストレスだけで起きるのではなく長期的なストレスの蓄積によって発症することが多いのです。急性胃炎と同じように吐き気や胃の痛みが目立つようになりますがその他の症状として、ゲップが多くなったり満腹感が現れるようになります。この状態が進んでしまうと胃潰傷になることがあるので病院で早めの対処が必要です。
最近ではストレス社会と呼ばれる言葉もよく利用されるようになりました。そんなストレス社会が原因で起こされる症状の1つに神経性胃炎と呼ばれるものがあります。また、過敏性腸症候群や不眠症などもストレス社会の代表的な症状なのです。またうつ病や自立神経失調症なども有名です。
このようにストレスが原因によってptsdを始めとした様々な病気を引き起こす可能性があるため、普段の生活でストレスを溜め込みすぎないように気分転換や運動することが大切なのです。

最新情報!

ストレス解消

二人の医師

ptsdは心の病気なので、精神科で治療してもらうことがとても重要なのです。また日頃からどうすればストレスを対処できるのか自分のできることを考え実行することが大切です。

☑詳細記事へ・・

SUB-page

コンテンツ

症状に対処する

検診を受ける

ptsdの対処方法は普通のストレスと違うので、薬や精神科の医師に頼ることになります。またストレスで引き起こされる病気はどう対処すべきか予め方法を確認しておくと安心できます。

☑詳細記事へ・・

心理療法と薬

薬

ptsdを治したいのであれば心理療法か薬を利用する必要があります。自分の精神的なストレスになっているトラウマをコントロールすることができればこの症状を改善できます。

☑詳細記事へ・・

子供のptsd

子供

ptsdは大人だけがかかる病気ではありません。子供であっても辛い体験をすることによってptsdになってしまうことがあります。その状態で現れる症状は年齢によって異なるので見逃さないようにすべきです。

☑詳細記事へ・・

受診するか考える

聴診器

精神科に通うべきptsdの症状は人によってそれぞれ異なるので判断が難しい場合があります。そこでどんなときに病院に行くべきかここで判断できるように勉強しておきましょう。

☑詳細記事へ・・

このエントリーをはてなブックマークに追加